板橋区でお風呂をキレイにリフォームするときのリフォーム費用の相場は?

板橋区でお風呂をキレイにリフォームするときのリフォーム費用の相場は?

板橋区にお住まいで、お風呂のリフォームを検討している人は多くいるでしょうが、どのぐらいの費用が相場なのかわからないという人も少なくありません。

 

お風呂のリフォームと一口に言っても、どのようなリフォームをするのかでその費用は変わってくるのです。
ユニットバスの交換、給湯器の取り換えなどのケース別にリフォーム費用の相場を見ていきましょう。

 

お風呂のリフォームでユニットバスの交換の場合

ユニットバス

まず、お風呂のリフォームで主流なのがユニットバスの交換ですので、板橋区を含め一般的な相場を見ていきましょう。
ユニットバスを交換する目安としては設置から15〜20年程度経った時期とされています。

 

交換にかかる費用としては、ユニットバス本体の価格とユニットバス設置に伴う工事費がかかることになり、工事内容にもよりますが3日程度の工事期間が必要になるでしょう。

 

ユニットバスはメーカーや追加パーツの有無で値段が変わってきますが、相場としては全部で80万円〜150万円程度になります。

 

ユニットバスの交換には、ユニットバスからユニットバス、在来工法からユニットバスというパターンがあり、それぞれ相場が違ってくるのです。

 

ユニットバスからユニットバスに交換する場合は、100万円以内で収まるケースが多くなっていて相場は80万円〜100万円になっています。

 

在来工法からユニットバスに交換する場合には、浴室全体の工事をする必要があるので費用が高くなることが多いです。

 

相場としては90万円〜150万円程度になるでしょう。
また、在来工法からユニットバスにリフォームする場合には、追加工事が必要になる場合もあります。

 

タイル張りの浴室

 

たとえば、現在の浴室よりも大きなユニットバスを設置する場合には洗面所側の壁の解体とクロスの張り替えが必要になり、工事費は板橋区に限らす一般的には20万円程度が相場になります。

 

また、浴室の基礎部分が湿気や水漏れなどで腐食している場合には補修工事をしなければなりません。
基礎補修工事は、5万〜10万円程度の費用がかかるでしょう。

 

浴槽だけのリフォームなら

浴槽だけを交換したいという場合には、10万円〜50万円が相場になります。
浴槽にも種類があり、それによって値段は変わります。

 

FRPの場合は1万〜35万円、人造大理石の場合は2万〜120万円、ホーローは8万〜135万円、ステンレスの場合は2万〜25万円程度になっていて、どれを選ぶかによって値段は大きく変わってくるでしょう。

 

リフォームでよく選ばれているのは20万円程度の商品です。
工事費は解体撤去費や埋め込み工事費用などが掛かります。相場としては10万円ぐらいになります。

 

お風呂のリフォームで給湯器を取り替える場合

給湯器

お風呂のリフォームで多く行われるのが、給湯器の交換です。
給湯器の寿命はメーカー問わず8年〜10年程度です。

 

板橋区に住んで10年以上経った給湯器は、熱効率や給湯能力が落ちている可能性が高いですから、10年以上経っているのなら交換を検討してみてください。

 

給湯器を交換する際の工事費用は3万円〜6万円となっています。

 

この工事費に、給湯器の本体費用がかかることになるのですが、給湯器の機能によって値段は大きく変わります。
まず、暖房機能なしの給湯器の相場を見ていきましょう。

 

給湯器のリモコン

 

追い焚き機能なしの給湯器の相場は5万円〜15万円となっていて、追い焚き機能ありオートタイプなら7万〜26万円、追い焚き機能ありフルオートタイプなら10万〜28万円が相場です。

 

次に暖房機能ありの給湯器の相場ですが、追い焚き機能なしなら10万〜25万円程度が相場です。
追い焚き機能ありオートタイプは13万〜30万円、追い焚き機能ありフルオートタイプなら14万〜32万円ぐらいが相場でしょう。

 

どのタイプを選ぶかによって費用は変わるのですが、大体の相場は工事費と合わせて15万〜30万円ぐらいになります。

 

 

お風呂のリフォームで浴室換気乾燥暖房機を交換する場合

浴室換気乾燥暖房機

 

浴室換気乾燥暖房機を取り付けたり修理する際の相場も見ていきます。
まず、取り付けですが、ユニットバス交換と同時にオプションとして行う場合には、工事費用はユニットバス取り付け費用に含まれることになりますので、商品代のみを考慮すればいいでしょう。

 

商品代の相場は電気式の場合にはおよそ5万〜10万円、ガス式の場合には10万〜13万円程度になっています。

 

在来工法の浴室に浴室換気乾燥暖房機をつけるという場合には、商品代と工事費が必要になります。
取付工事費は5万〜7万円ですので、全体の費用相場は電気式なら10万〜17万円、ガス式の場合には15万〜20万円程度が相場ということになるでしょう。

 

電気式は商品代が安く済み、ガス式は光熱費を抑えることが可能になっていますので、それぞれの事情や使用する頻度などを考えて選んでみてください。

 

浴室換気乾燥暖房機を交換するという場合には、古いものを撤去する費用も掛かりますので、5千円〜1万円程度上乗せされます。

 

浴槽換気乾燥暖房機を修理することもあるでしょうが、修理にかかる費用相場は、3万5千円程度となっています。こちらも寿命は10年程度ですから、設置から10年以上ということなら修理ではなく交換を検討した方がいいかもしれません。

 

お風呂のリフォーム費用についてまとめ

リフォームしたお風呂

 

今のお住まいでどのようなお風呂のリフォームをするのかによってリフォーム価格は大きく変わります。

 

また、リフォーム前のお風呂のタイプによってもリフォームにかかる費用は変わりますので、自分がどんなリフォームをしたいのかしっかりと考えておくことが重要になります。

 

お風呂のリフォームの種類を決めたら、そのリフォームが得意な板橋区の会社をインターネットなどでいくつか探して、見積りを取ってみてください。

 

見積りを取って比較することで、適正な価格でのお風呂のリフォームができるでしょう。

page top